2023金運上げに導く最強開運日

当サイトはプロモーションを含んでいます
当サイトはプロモーションが含まれています
2023年版開運カレンダー 一粒万倍日・寅の日・巳の日・己巳の日・鬼宿日・天赦日の金運上げの吉日紹介 開運

2023年を幸せに乗り切るために
開運カレンダーの吉日
参考に金運上げの行動をとりましょう。

あなたも最強開運日から
金運アップしてご利益を受けとり
幸多き縁起の良い年にしてください。

2023年の金運最強開運日は開運日の重なる四日間

早速2023年の最強開運日教えます。

2023年の最強開運日▼

  • 1月6日(金)
    一粒万倍日+天赦日+鬼宿日
  • 3月21日(火)
    一粒万倍日+天赦日+虎の日
  • 8月4日(金)
    一粒万倍日+天赦日
  • 12月8日(金)
    一粒万倍日+鬼宿日

金運にまつわる開運日が重なる四日間
1/6・3/21・8/4・12/8はチェック。
金運向上の開運日だから、お金に関する
行動をとることに意識しておくように。

最強開運日とされた日を忘れないように
ブックマークしておくのも賢い選択ですね。

いつも使う財布の買い換えや
銀行口座の開設や事業を始める日に
活用して運気をあげてくださいませ。

お財布の買換えを検討中なら
財運上げの財布もチェックしましょう▼

Dr.コパが教える最強開運日

「西に黄色」の風水術で有名な【Dr.コパ】

Dr.コパが教える最強開運日は
先ほどの日と違う、別の日なんですよね。

Dr.コパが実践して検証済み!縁起風水88
Dr.コパの開運縁起の風水術2023年版
紹介された2023年の最強開運日
は▼

  • 6月11日(
  • 6月20日(火)
  • 6月29日(木)

6月の最強開運日(Dr.コパの言葉だと
大開運吉方位日と呼んでます)に、
あなたの生まれ年ごとに決また吉方位へ
旅行に出かけたら幸運になれる
と指摘。

有名風水師の「李家幽竹」
パワースポットガイドブック2023年版
の中で同じ「6月11日・20日・29日」を
特別な旅行開運日
と指摘しています。

あなたの大開運吉方位日はもちろん、
月ごとの吉方位や、金運だけでなく
健康や人間関係に効く開運アクションが
「88種類」も記載されています。

読んで実践して運気をあげてください▼
Dr.コパの開運縁起の風水術2023年版

金運上げにチェックすべき開運日

大安や最強開運日以外でも
忘れずにチェックしたい吉日。

「一粒万倍日」や「虎の日」などの
金運上げにかかわる
開運日の日にちと意味も紹介します。

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)

2023年の一粒万倍日は▼

1月5日(木)6日(金)・9日(月・祝)・18日(水)・21日(土)・30日(月)
2月2日(木)・5日()・12日()・17日(金)・24日(金)
3月1日(水)9日(木)・16日(木)・21日(火・祝・28日(火)
4月2日()・12日(水)・15日()・24日(月)・27日(木)
5月9日(火)・10日(水)・ 21日()・22日(月)
6月2日(金)・3日()・16日(金)・17日()・28日(水)・29日(木)
7月11日(火)・14日(金)・23日(・26日(水)
8月4日(金)・7日(月)・10日(木)・17日(木)・22日(火)・29日(火)
9月3日(11日(月)・18日(月・祝)・23日(土・祝)・30日(
10月5日(木)・15日(・18日(水)・27日(金)・30日(月)
11月11日()・12日()・23日(木・祝)・24日(金)
12月5日(火)・6日(水)・7日(木)・8日(金)・19日(火)・20日(水)・31日(
打消し線の日は「不成就日」と重なる危険日

一粒万倍日とは?推奨する行動は?

【一粒万倍日】とは
「一粒の籾(もみ)が万倍にも実る日」

わずかな量から大きく増えるご利益のある、
実り多い開運日として注目されています。

銀行口座の開設や事業の開始及び展開、
財布の購入や使い始め、
投資など、お金に関する
行動が開運へと導かれる吉日です。

何かを始めるのも良い日なので
結婚といった祝いの日として選んでもOK。
芸能人も一粒万倍日に入籍してますしね。

一粒万倍日からなにかやり始めたら
お金を増やす、喜びを増やす、
大きく増やす日と覚えておきましょう。

ただし借金する日に一粒万倍日を選ぶと
借金の額が膨らむ、うれしくない効果が。

一粒が万倍になる日ですから、
植菌なんてすると苦労ごとも増えます。

3月21日()は最強開運日であっても
借金やモノを借りるなどする日には
選ばないようにしましょう。

寅の日(とらのひ)

2023年の寅の日は▼

1月8日()・20日(金)
2月1日(水)・13日(月)・25日(
3月9日(木) 21日(火・祝
4月2日()・14日(金)・26日(水)
5月8日(月)・20日(
6月1日(木)・13日(火)・25日(
7月7日(金)・19日(水)・31日(月)
8月12日()・24日(木)
9月5日(火)・17日()・29日(金)
10月11日(水)・23日(月)
11月4日()・16日(木)・28日(火)
12月10日(・22日(金)
打消し線の日は「不成就日」と重なる危険日

寅の日とは?推奨アクションは?

【寅の日】とは、十二支の寅を象徴する、
12日に一度の周期で巡ってくる吉日です。

寅(虎)は「千里行って
千里戻ることができる」という云われのある
力強さを象徴する動物。

どうして寅の日が金運に関係あるのか。

千里行って千里戻ることができるの言葉から
使ったお金も戻ってくるとされています。

寅の黄金色の美しい縞模様が、
金運アップに繋がる、邪気を払う
神聖な動物の意味もあります。

なので「寅の日」は縁起の良い吉日として
財布の購入だけでなく、車や家といった
大きな買い物にも向いているとする吉日。
宝くじ購入に推奨する占い師もいますよね。

数字風水で著名な風水師【シウマ】も
「財布の使い始める日は、
『1・2・5・9月の、寅の日』
(丑・巳・酉の日もOK)』」を
おすすめしています。

寅の日=金運アップと覚えておきましょう。

寅の日は旅行の出発日にもおすすめです。
「千里行って~」の言葉通りに
旅先から無事に戻れるとされていますから。

使ったお金が戻るという寅の日に、
毘沙門天を祭る神社仏閣へのお参りも
運気をよくする開運アクション。

「寅の日詣で(とらのひもうで)」と
呼ばれています。毘沙門天の使いが寅なので
参拝することで縁を強める教えからですね。

開運旅行が寅の日なら、
毘沙門天を祭る神社仏閣へ
金運祈願の参拝なさってみてください。

ただし寅の日に結婚や入籍はやめて!

「千里行っても戻る」ことから、
結婚しても実家に戻る=離婚となるので。
結納などの祝い事だけ注意しましょう。

巳の日(みのひ)・己巳の日(つちのとみのひ)

2023年の巳の日は▼

1月23日(月)
2月4日()・16日(木)・28日(火)
3月24日(金)
4月5日(水)・17日(月)・29日(土・祝
5月23日(火)
6月4日()・16日(金)・28日(水)
7月22日(
8月3日(木)・15日(火)・27日(
9月20日(水)
10月2日(月)・14日()・26日(木)
11月19日(
12月1日(金)・13日(水)・25日(月)
打消し線の日は「不成就日」と重なる危険日

2023年の己巳の日は▼

1月11日(水)
3月12日(
5月11日(木)
7月10日(月)
9月8日(金)
11月7日(火)

巳の日・己巳の日とは?開運行動は?

【巳の日】は寅の日同様十二支の巳(ヘビ)
を示す12日に一度の周期で巡ってくる吉日。
弁財天の使いである巳が願いごとを
神様へ届けてくれると伝えられています。

もう一つの巳の日である
【己巳の日】について。

己巳の日は風水の基本となる五行思想の
土(金を生む力)を示す「己」の日と
巳の日の交わる、
巳の日だけよりも金運強化の吉日。

ラッキーナンバー風水で有名な【シウマ】も
「財布の使い始める日は、
『1・2・5・9月の、巳の日』
(丑・寅・己巳・酉の日にもOK)』」と
運気上げにおすすめの日としています。

巳の日と己巳の日の開運日に
弁財天をお祭りする神社へ
参拝すると金運上げに良い、と
多くの占い師が指摘しています。

銭洗い弁財天もあるように、
お金を洗うことで
お金がまとう悪い運気(金毒)を
浄化するのも金運アップにおすすめ。

弁財天は芸術・芸能の神様でもあるので
習い事の上達や才能開花のお願い事にも
巳の日と己巳の日参拝なさってください。

当サイトでも紹介している弁財天の
パワースポットへ出かけましょう。
弁財天のパワスポをチェックする

鬼宿日(きしゅくび)

2023年の鬼宿日は▼

1月6日(金)
2月3日(金)
3月3日(金)・31日(金)
4月28日(金)
5月26日(金)
6月23日(金)
7月21日(金)
8月18日(金)
9月15日(金)
10月13日(金)
11月10日(金)
12月8日(金)
打消し線の日は「不成就日」と重なる危険日

鬼宿日とは?開運アクションは?

あまり知られていないけど
知る人ぞ知る【鬼宿日】

文字からして鬼が入っているから
不吉な印象を感じますよね。
けれどもお金に関しては吉日なんです。

「二十八宿(にじゅうはっしゅく)」という
星座の動きを28種類に分けて読む方法。
二十八舎(にじゅうはっしゃ)とも呼ばれ、
中国の占星術・天文学に用いられています。

鬼宿日は二十八宿のひとつ。

鬼が宿に引っ込んでいるから、その間は
鬼に邪魔されないので何しても良い日。
「万事進むに大吉」とされる、
何しても望ましい結果につながる吉日です。

事業開始から引越から財運財布の購入や
習い事など自分のしたかったことを
躊躇せずに果敢にやってしまいましょう。

ただし鬼宿日に結婚や入籍だけは凶!

鬼が宿(住み家)にいるので
嫁を鬼のいる場所に会わせてしまうから。

外では悪さをしない鬼が内に居てる。
お嫁さんと鉢合わせしたら……なのでNG!

祝い事以外は前向きに挑戦してください。

鬼宿日以外の吉日は世界中に存在します。

マヤ歴・通書・中国万年歴を掛け合わせた
占術の著書「金運年鑑」の開運カレンダーで
金運吉日365日のを確認するのも得策。
いいことは何でも引き寄せすべきですよ。
金運年鑑 365日お金を引き寄せるマンガでわかる行動マニュアル

天赦日(てんしゃび)

2023年の天赦日は▼

1月6日(金)
3月21日(火・祝
6月5日(月)
8月4日(火)18日(金)
10月17日(火)
打消し線の日は「不成就日」と重なる危険日

天赦日とは?推奨アクションは?

人によっては「一粒万倍日よりも
天赦日こそが最強開運日」
と示している、
一年通して滅多に訪れない【天赦日】

天赦日は「この日に始めたことは
なんでも叶う」とされる縁起の良い日。

財布の買換えや結婚、引っ越しや
事業の仕事始めや開店など
すべて良い運気に導くと伝えられています。

何やってもうまくいく日であっても、
もちろん悪事はNG。当たり前の話ですから。

いままで躊躇していた習い事を始めるにも
いいきっかけ作りとして最適ですよ。
良い結果につながる吉日として
前向きに意識して行動しましょう。

立春(りっしゅん)

2023年の金運にからむ吉日に紹介したい、
2月4日の【立春】があります。

立春とは?開運アクションは?

日本の暦は一年を24の季節に分けた
「二十四節気」で表していました。
立春、夏至、冬至、春分の日や秋分の日
などが二十四節気の節入りにあたります。

風水師が指摘する、
日本古来の開運日にあたる
立春は二十四節気の節入り(年初め)。

節入りに年ごとの吉方位の神社仏閣に
参拝するのが開運アクションです。
金運に効くだけでなく
全ての運気の底上げに期待できますぞ。

2023年の吉方位は「南南東」
南南東は、南東よりやや南の方位。

住居の吉方位の神社仏閣へお参りして、
拝殿前で自分の住まいと名前を名乗り
願掛けよりも今年の抱負を宣言することで
運のエネルギーが蓄えられるとしています。

著作権に引っかかる内容でしょうし
ここでは詳しく書けませんけど、
さらに大きな運の底上げになる恵方参り術を
村山幸徳「展望と開運」で解説しています。

分厚い本ですけど、しっかり学んで
一年の方向性を知り運気をあげてください。
≫Amazonで展望と開運2023を確認

立春の運気の底上げをするには
前日の「節分の行動」も大切です。

節分におすすめする開運アクション

二十四節気の一年の終わりの
大晦日とされるのが【節分】

豆まきだけでなく、地域によって
家の入口に鰯の頭を柊(ひいらぎ)の枝に
さして飾る風習など、厄除けさる日ですね。

節分でいままでの厄落としをして
立春から大きく運気をあげましょう。
豆まき以外をリスト書きで列挙します。

  • 髪を切る
  • 無駄なものを処分する
    (スマホやPCの無駄なデータの
    消去も厄落としになる)
  • 怒りや恨みを紙に書き出し
    破いて捨ててしまう
  • 靴をキレイにして整理する
  • お世話になった方に贈り物をする

立春前の節分で身に着いた厄を落して、
節入りになる立春で一年の指針表明を宣言し
運気を養い幸せな日々を過ごせますように。

危険日(凶日)は大して注意しなくていい理由

他にも出かけないで静かに過ごすべき
「危険日(凶日)」なんてのもあります。

意味まで書くと長くなりすぎるので
凶日の名前だけを紹介します。

  • 十方暮
  • 不成就日
  • 三隣亡
  • 犯土
  • 三伏
  • 受死日
  • 十死日
  • 五墓日
  • 帰忌日
  • 血忌日
  • 天火日
  • 地火日
  • 凶会日
  • 往亡日
  • 三箇の悪日
  • 大禍日
  • 狼藉日
  • 滅門日
  • 時下食
  • 歳下食

文体を目にするだけで
けっこうヤバめの凶日と感じますよね。
文字通りヤバいんですけど……。

危険日をさけることも
開運につながる道筋でしょう。

ですが紹介した危険日、
あまり重要視されていません。
超危険ならずっと回避すべき日として
多くの占術師が指摘するはずです
から。

もしかしたら土木関係の世界だと今でも
土をいじることを禁忌とする
「三隣亡」と「犯土」の危険日には
着工日を避けているかもしれません。

日常に支障のない程度の危険性です。
なので仏滅ほど一般的でもないですから
気にしなくて大丈夫でしょう。

危険じゃない(効果の薄い)でしょうし
無視して結構と判断しています。

不成就日(ふじょうじゅび)は注意すべき凶日

ただし多くの占い師が指摘する
【不成就日】はさけた方がよい
でしょう。

多くの凶日は無視しても、不成就日は
できれば大人しくしておいた方が良いと
しています。悪い影響をおよぼすと
感じるから占い師たちが指摘するはず。

不成就日は文字通り「何も成就しない日」

結婚や何か事業を始めるなどの
大きな決断や実行をしても、望むような
結果に結びつかない日としています。

大きな決断や実行さえしなければ、
普通にスーパーに買い物程度とかは
何も問題ないはずです。

開運日と重なっている日があっても、
成就しないと思って避けるべきでしょう。

2023年の不成就日▼

1月5日(木)・13日(金)・21日()・24日(火)
2月1日(水)・9日(木)・17日(金)・21日(火)
3月1日(水)・9日(木)・17日(金)・23日(木)・31日(金)
4月8日()・16日()・20日(木)・28日(金)
5月6日()・14日()・23日(火)・31日(水)
6月8日(木)・16日(金)・22日(木)・30日(金)
7月8日()・16日()・23日()・31日(月)
8月8日(火)・18日(金)・26日(
9月3日()・11日(月)・16日()・24日(
10月2日(月)・10日(火)・15日()・23日(月)・31日(火)
11月8日(水)・16日(木)・24日(金)
12月2日()・10日()・17日()・25日(月)

けれども危険日を気にしすぎるより
開運日に行動を起こして運上げするのが
あなたの明るい未来へつながる
近道になる!と信じています。

何もしないで幸せになる確率よりも、
何か開運アクション起こしたら
幸せになれる可能性大ですものね。

財布の購入、使い始めといった
単純な行動から開運アクション
やってみませんか▼

今以上の良い波動に変えるために
開運カレンダーで開運日を知り
行動の指針にして幸せ引き寄せてください。

タイトルとURLをコピーしました